アートメイクの注意点


アートメイクはメイクの時短に大変役立ちますが、その選び方によっては、トラブルの原因になって後悔してしまう可能性もありますので、慎重に選ぶようにしなければいけません。特に、アイラインはまぶたの際に色を入れる施術になりますので、安全面が重要になってきます。医師免許を持った医師が施術する美容皮膚科等では、きちんと認可されている色素を用いて施術されますので安心して受けることができますが、明らかに安すぎる、医師が常駐していない、説明が明確ではない等、怪しいポイントがあるようであれば要注意です。どんな色素を使っているかもわかりませんし、そもそも医師免許がない場合は医療行為であるアートメイクの施術を行うことはできません。

アートメイクを活用することで、メイクも楽になり、いつでもすっぴんで人に会える程の、自信を持つこともできます。このように、より生活が楽しく、便利になるメリットがありますが、きちんとした知識がないと、後で失敗したと後悔する可能性もあります。アートメイクは、医療行為であるという認識を持ち、疑問や不安に思うことについては医師に事前に相談しながら、安心して任せることができるアートメイク選びをしましょう

便利なアートメイク


メイクの時短に大活躍する、便利でお勧めのアートメイクですが、気軽にできるように見えて、実はどこででも施術できるという訳ではありません。アートメイクとは、医師免許を持つ有資格者だけが施術できる「医療行為」にあたりますので、エステサロン等では施術することを許されていませんので、美容皮膚科や美容クリニックで受ける必要があります。

タトゥーと何が違うのかと疑問に思われる方もおられるかもしれませんが、タトゥーは一生色が落ちることがなく、アートメイクは数年かけて徐々に色が薄くなるという大きな差があります。この色落ちについて差が生じる原因とは、施術する皮膚の層の違いによるものです。皮膚は、表面から「表皮」、その下層にある「真皮」から構成されていますが、タトゥーは表皮よりも深い層にある真皮に針を用いて色素を入れていきます。その為、色が落ちることはなく、色褪せず、そのままの状態が一生続きます。一方で、アートメイクの場合は、表皮の浅い位置に色素を入れますので、皮膚が新陳代謝を繰り返せば、徐々に色素も剥がれ落ち、4~5年もすると色が薄くなっていきます。一般的にアートメイクの施術では先述した理由の為に、数回に分けて色素を入れる施術を行う方法で色を定着させます。

メイクの時短について


お化粧の技術は人それぞれで、雑誌やテレビでも、上手に簡単にできるメイク等が日々紹介されています。しかしながら、それも毎日のこととなると、相当な負担であり、面倒に感じる方も少なくないでしょう。メイクにかける時間を少なく、かつ綺麗に仕上げることができる、メイクの時短を可能にする、画期的でお勧め手段があります。そのお勧めの手段とは、アートメイクを利用する方法になります。

アートメイクと聞いて、あまりはっきり理解されている方も少ないかもしれませんが、近年人気が高まっており、メイクの時短ができるとあって、今後も需要が増えると見込まれています。アートメイクとは、専用の針を用いて、色素を皮膚に直に入れていく施術になります。主なパーツとしては、眉やアイライン、リップラインを入れる方が多く、その便利さゆえに少しずつ認知されつつあります。ただし、間違ったアートメイクを選択することで、トラブルを引き起こす可能性もありますので、アートメイクについての正しい知識と、その特徴や注意点について十分に理解しておく必要があります。

アートメイクの施術によって眉やアイラインを入れることで、水や汗でも色落ちすることはありませんので、毎日メイクで描く必要がなくなります。よって、メイクの時短に繋がり、また好みの形に入れることができますので、安定したメイクをすることが可能になります。それでは、メイクが苦手という方にもお勧めのアートメイクについて説明をします。